カメラと一緒に再発見の日々を


by pgek1207
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

野山北公園 荒起こし

e0285612_12143729.jpg
20170416 野山北公園 荒起こし

東京都武蔵村山市。狭山丘陵にある都立5公園の一つ。
雑木林と谷戸の組み合わせによって里山民家や岸たんぼといった貴重な里山の風景が広がり、里山の生活や文化を体験できるほか様々な楽しみ方ができる公園です。



e0285612_09060863.jpg



e0285612_09073423.jpg

公園最大の谷戸、宮野入谷戸がある「里山体験エリア」には水田、畑や小川があり、周辺には雑木林が広がっています。この里山体験エリアの中心施設「里山民家」を拠点として、公園ボランティアが活動を行っています。



e0285612_09062353.jpg

田んぼ作業の最初の活動、「荒起こし」

荒起こしとは田んぼの土を耕し、稲が元気よく育つのに必要な空気を土に送ることが目的。講師である岸田んぼ会、公園ボランティア、「じっくり田んぼコース」の参加者、公園スタッフ合わせて約150名で作業したそうです。

e0285612_12143729.jpg


[PR]
# by pgek1207 | 2017-04-16 06:12
2016.10.08

三鷹駅に9時半集合
野川公園入口までバスで。

e0285612_12284818.jpg


近藤勇のお墓のある龍源寺 
雨の中の百日紅。

e0285612_12292265.jpg


湿性花園 水田もありましたが稲刈りが終わっていました。
しっとりとしていい感じの中を野川に沿って歩きました。

e0285612_12333161.jpg


三鷹市大沢の里水車経営農家 精米・製粉作業見学会

「新車(しんぐるま)」と呼ばれる文化5(1808)年頃創設された水車
小屋の中にあり、まずその大きさにビックリ。
とてもカメラにおさまりきりません。

寄木細工のように精巧な歯車が組み合わされてお米を搗いたり、粉を引いたり
水車の回転で様々な作業が進行している様子は感動です。
そして木の道具の美しさ。

e0285612_12561749.jpg


e0285612_12564962.jpg


e0285612_12572293.jpg


e0285612_12575219.jpg


e0285612_12582347.jpg


e0285612_12585169.jpg


e0285612_1259168.jpg


雨も上がって都立武蔵野の森公園
うっすら青空も見えた丘の上にベンチが二つ。

e0285612_131583.jpg


調布飛行場が見下ろせるベンチでした。味の素スタジアムをバックに見えにくいのですが
飛行機が飛びたとうとしていました。
e0285612_13162554.jpg

[PR]
# by pgek1207 | 2016-10-08 12:17

野川

野川撮影 ksncのホームページhttp://www.ksnc.jp/index.htm



小平市


小平市


小平市シニアネットワーク
[PR]
# by pgek1207 | 2016-07-04 13:17 | 観察会

巾着田 

デジカメ同好会9月撮影会

曼珠沙華は残念ながら見ごろを完全に過ぎていましたが、アマクリナム、コスモス、萩など
初秋の高麗の里を満喫。


巾着田(きんちゃくだ)は、埼玉県日高市の西部、高麗本郷を流れる高麗川に囲まれた所に
ある巾着のような形をした平地である。
地元では川原田と呼ばれている。8世紀にこの付近に移り住んだ高句麗からの渡来人が、
大きく湾曲した高麗川を利用してこの地を開墾して田を作り、稲作を伝えたと言われている
( ウィキペディアより)

e0285612_3195875.jpg


e0285612_321583.jpg


e0285612_3213155.jpg


e0285612_322197.jpg


e0285612_3223157.jpg


高麗郷古民家(旧新井家住宅)

e0285612_323115.jpg


e0285612_324860.jpg


e0285612_3244586.jpg

[PR]
# by pgek1207 | 2015-09-28 03:12

根川緑道

2015.09.01

桜が美しい根川緑道へ。
今日も空はあやしげな雲がたくさん。

根川緑道は、立川市の南に位置し東は貝殻坂橋から西は湧水口のある立川橋のところまで。
その先残堀川憩いの水辺を進み、市歴史民俗資料館までの2.4kmが詩歌の道です。

e0285612_671984.jpg


湧水口
e0285612_675067.jpg


e0285612_685677.jpg


貝殻坂橋
e0285612_610478.jpg


おしゃれな釘かくし
e0285612_6104285.jpg


e0285612_6114480.jpg



この下でお弁当を広げるか、本を広げるか・・気持ちよさそう・・・
e0285612_6134668.jpg


秋の気配
e0285612_61592.jpg

[PR]
# by pgek1207 | 2015-09-01 06:01